結婚式二次会の景品は定番のグルメギフト

集まり

結婚式が終わった後、結婚式二次会を開くというカップルは多いでしょう。

結婚式は親族が出席するお披露目の場となっていて、静粛な雰囲気で進められますが、
結婚式二次会はどちらかというともう少し砕けた雰囲気で、
親しい友だちや会社の同僚などが参加して楽しく盛り上がる会となります。

幹事を頼まれた人は、司会進行やプログラム企画などの準備で大変でしょう。
なかでも盛り上がるイベントとして、クイズやビンゴゲームなどがあります。
新郎新婦の親しい人というつながりで集まっているので、
当日初めて会う人も多くいますし、年齢層も幅広いので、
全員でゲームをすると楽しく過ごすことができます。

お祝い

景品選びに迷うところですが、定番のグルメギフトがおすすめです。
松坂牛や海鮮、アイスクリーム、スイーツなどのグルメギフトは、
誰でももらってうれしいものですし、目録などを見せることでゲームも盛り上がります。

結婚式二次会などのおめでたい席にぴったりの景品です。

Continue Reading

小人数の場合のビンゴの景品について

二次会のビンゴ景品は参加人数が多いと選ぶのが大変になりますが、
少人数だからといって適当に選ぶと二次会が盛り上がらなくなってしまいますから、
やはり大変さがあるものです。

なおビンゴ景品の全体数が少ないとしても、きちんと目玉となる景品を
用意することが大切なポイントです。

大切な

例えば、旅行券や高価な調理器具などはお得感があって良いもので、
参加者の気を引くのにピッタリのアイテムだと言えるでしょう。

そして、目玉以外の景品も手を抜かないことが大切です。
目玉となる物と落差が激しいと、微妙な気持ちになってしまう恐れがあります。

とは言え、あまり良い物を選ぶと予算が厳しくなってしまうこともあるでしょうから、
そう高くない金額でありながら、それなりに豪華さがある物が好ましいものです。

気を引く

例えば、高級アイスのギフト券やえらべるホテルのランチなどがあると、
テンションが上がってビンゴをするのにも気合いの入り方が変わってくることでしょう。

Continue Reading

ビンゴ景品の鉄板!故郷の名産

結婚式の二次会で盛り上がるビンゴゲーム。
ビンゴがそろうことも楽しいですが、景品の内容も楽しみの一つとなり会場も盛り上がります。

しかし、景品を用意する側の幹事にとってはどんなものを選んでいいのかとても悩むものです。

会場を盛り上げるためには、高額で豪華なもの、話題のもの、ウケ狙いのものなど
幅広くそろえることも大切です。

種類

人気の鉄板のものといえば、人気テーマパークのチケットや肉や魚介などの
高級食材があげられます。

そして、故郷の名産もビンゴの景品としては鉄板といえるでしょう。

故郷の名産を用意する時には、新郎新婦にちなんだものがよいでしょう。
新郎新婦の生まれ故郷や、これから暮らしていく地域の名産を用意すると、
新郎新婦にちなんだ街として紹介することもできます。

名産

それが当たった人には、その日に持ち帰るのではなく、後日自宅に
郵送できる形にするのがよいでしょう。

景品を選ぶのは難しいことですが、ゲストが喜んでくれることを考えて、
楽しく行えるとよいでしょう。

Continue Reading

二次会のスクラッチなどのゲームと景品の選び方

わくわくする

二次会を盛り上げるものと言えばゲームですが、どういったゲームをするかによって
盛り上がり方が変わってくるものです。

また、ゲームに景品がついていると盛り上がりに差が出てくるものですが、
景品に関しても何を選ぶかが重要になってくるものです。

二次会で行うゲームには、スクラッチというのもありますが、
定番のビンゴも外せないものです。
徐々に埋まっていく独特のワクワク感が味わえますから
大勢で盛り上がるには持って来いです。

インパクト

また、ちょっと変わったものとしては、三角くじというのもあります。
景品に関しては、遊園地などの施設や旅行券などのチケット類と
ブランド肉やカニなど、インパクトのある食べ物を入れておくと
参加者のテンションが上がりやすくなって良いものです。

また、女性が多い場合には、美容グッズを入れてみたり、主婦が多い場合には
自動掃除機やホームベーカリーを入れてみるなど、参加者のニーズを
意識した選び方をすると良いでしょう。

Continue Reading

二次会のゲームの景品には食事券を

二次会の景品は、その選別には幹事も悩むところです。
ありきたりのものを企画すると二次会に盛り上がりを欠くことにもなります。

喜ばれるもの

景品を貰う立場で考えると貰って嬉しいものであると同時にわざわざ
自分で買ってまで使用しないものがいいです。
このニーズに該当するのが食事券です。

この類のものは、だいたい高額であることが多いので自分で購入して
いくということは、何か特別な理由がない限りしないのが普通です。
しかし高級ホテルのものなどは一度は食べてはみたいとなりますが
値段を見て躊躇します。

気軽に

しかしこれがプレゼントされたものなら、別に自分のお財布が傷まないし、
もともとなかったもので贅沢をできるので喜ばれることは間違いないです。
景品としてもかさばらないので便利です。

ただし注意したいのは、この食事券の内容ですがあまりにも高級すぎると
かえってどんな服装でデイナーを楽しんだらいいのかと
悩ませるものになるので、ホテルのランクは高すぎない程度がいいです。

Continue Reading