二次会での景品の包装はどうしたら良い?

心配り

二次会の景品が決まったらあとはラッピングです。
ワクワク感を出すために中身を伏せておきたいなら包装した方が
良いでしょうし、受け渡し時に確認できるようにしたいというなら
ラッピング無しにします。

ここで大事なのは包装するかしないかよりも、参加者が商品を
持ち帰るときのための配慮です。

二次会で大きなバッグを持ってくる人はいません。

特に女性は気合を入れておしゃれをしています。
帰り道、薄いビニール袋を持ってガサガサ音を立てたり、
中身が透けていてはエレガントではありません。

しかも中身が受け狙いの商品だったなら目も当てられませんし、
その方にとって最悪のパーティの想い出になってしまうでしょう。

品の良い

彼女たちのファッションを台無しにしない素敵なデザインの
持ち帰り袋は必須です。
中身の透けない紙素材で、丈夫で多少濡れても平気な
コーティング素材であればなおベターです。

クラッチバッグに入らないような商品、つまり金券やQUOカードのような
薄いもの以外の商品には小さなものでも紙袋を用意しましょう。

参加者は決して安くはない会費を払って参加しています。
ラッピング用紙や紙袋一つにも心配りを忘れずに、
安っぽくなく品の良いものを選びましょう。