大規模なイベントでのビンゴ景品の予算はどのくらいが妥当?

結婚式の二次会など大規模なイベントでは参加者を
盛り上げるために、ビンゴゲームなどの催しが開催
される事があります。

その時に景品をつけることによって参加意欲を高めたり
競争心を煽る事で場の雰囲気を盛り上げる演出にする
ことができるのですが、ビンゴゲームを開催する際には
当然景品に掛ける費用などの予算を考える必要があります。

大規模なイベント

ビンゴゲームの景品にかける予算としてまず考えるポイントは
参加する人数であり、どの程度の景品を用意しなければ
いけないのかというところを検討する必要があります。

特に大規模なイベントになってくると参加する人数も当然
多くなってくるので、ビンゴゲーム以外にも必要な予算が
あることからそこまで費用をかけられないという事も
少なくありません。

また参加者全員に景品を渡すのか、一定の人数まで景品を
用意するのかによってもかけられる費用が異なっているので、
主催者と相談しながらどこまで景品を用意するのかという
ところを想定して決める必要があります。

プレゼント

その点を踏まえて妥当だとされているのが1人当たりを
千円程度と想定した金額であり、その中で目玉となる商品と
それ以外のものを振り分けながら金額を配当していくように
する事がおすすめされています。

またイベント内容によってはビンゴゲームにかけられる時間が
制限されている場合もあれば無料で配布する事ができる商品を
用意できる事もあるので、その点を主催者に確認しながら
準備を進めることが大切です。

ビンゴ景品の鉄板!故郷の名産

結婚式の二次会で盛り上がるビンゴゲーム。
ビンゴがそろうことも楽しいですが、景品の内容も楽しみの一つとなり
会場も盛り上がります。

しかし、景品を用意する側の幹事にとってはどんなものを選んでいいのか
とても悩むものです。

会場を盛り上げるためには、高額で豪華なもの、話題のもの、ウケ狙いの
ものなど幅広くそろえることも大切です。

豪華なもの

人気の鉄板のものといえば、人気テーマパークのチケットや肉や魚介などの
高級食材があげられます。

そして、故郷の名産もビンゴの景品としては鉄板といえるでしょう。

故郷の名産を用意する時には、新郎新婦にちなんだものがよいでしょう。

新郎新婦の生まれ故郷や、これから暮らしていく地域の名産を用意すると、
新郎新婦にちなんだ街として紹介することもできます。

郵送

それが当たった人には、その日に持ち帰るのではなく、後日自宅に
郵送できる形にするのがよいでしょう。

景品を選ぶのは難しいことですが、ゲストが喜んでくれることを考えて、
楽しく行えるとよいでしょう。

小人数の場合のビンゴの景品について

二次会のビンゴ景品は参加人数が多いと選ぶのが大変になりますが、
少人数だからといって適当に選ぶと二次会が盛り上がらなくなって
しまいますから、やはり大変さがあるものです。

なおビンゴ景品の全体数が少ないとしても、きちんと目玉となる景品を
用意することが大切なポイントです。

目玉となるもの

例えば、旅行券や高価な調理器具などはお得感があって良いもので、
参加者の気を引くのにピッタリのアイテムだと言えるでしょう。

そして、目玉以外の景品も手を抜かないことが大切です。
目玉となる物と落差が激しいと、微妙な気持ちになってしまう
恐れがあります。

とは言え、あまり良い物を選ぶと予算が厳しくなってしまうことも
あるでしょうから、そう高くない金額でありながら、それなりに
豪華さがある物が好ましいものです。

予算

例えば、高級アイスのギフト券やえらべるホテルのランチなどがあると、
テンションが上がってビンゴをするのにも気合いの入り方が変わって
くることでしょう。